設計図とは?作成方法やポイントまとめ!

設計図とは、機械や家、その他あらゆるものを作る際に用いるものです。

一言で「設計図」と称されますが、様々な種類があり業界によって設計図の用いられ方や作り方は異なります。

本記事では、機械設計に重点を置き、設計図の書き方やポイントなどを紹介していきます。

機械設計の設計図とは

前述したように設計図とは、物を作るために必要な図面のことです。

機械設計では「図面」と称されます。

機械設計においては「製図」は、クオリティーの高い機械を製造するために、たくさんの情報を伝達することが求められ、図面だけでなく機械のありとあらゆる情報を詰め込む必要があります。

図面の作成方法についてみていきましょう。

第三角法

機械図面の作成には、「大三角法」が用いられます。

この第三角法は、正面や平面・側面など、複数の視点から、三面図で構成するものです。

平面上に立体を細かく表現できるため、

  • 正確に表現できる
  • イメージしやすい

などのメリットがあります。

CAD(Computer aided design)

CADとは、PCを用いて図面を作成する、設計支援ツールです。

現在利用されている、スマートフォンや自動車、冷蔵庫などの機械製品の図面作成にも使われています。

CADを用いることで効率かつ、正確に図面を作成することができ、管理や共有なども可能。

2次元で設計できる「2DCAD」と、3次元で設計できる「3DCAD」などの種類があります。

設計図を作成するCADオペレーターとは?知りたい方はこちらから↓

設計図を作成!CADオペレーターの仕事内容や資格について紹介します。突然ですが、「CADオペレーター」ってご存知でしょうか? CADオペレーターとは、近年じわじわと人気がある職種で機械設計の図面(設...

設計図作成のポイントは?

基本ルールを守る

設計図は、「もの」が完成するまで様々な人が読み、仕様や状態によっては都度変更されていくものです。

そのため、誰が読んでもわかる「理解してもらう」ために、正確に書く必要があります。

寸法の入れ方や寸法配置のルール・2重寸法の禁止など、「基本ルール」を忠実に守り書くことが大切です。

図面の記入漏れに注意する

正確な図面を作成しても、そもそも記入漏れしていたら意味がありませんよね。

トラブルやクレームにつながる場合もあるので、記入漏れに注意する必要があります。

そんな時に便利なのが、「記入漏れのチェックリスト」です。

展開方向や方位、枠材など図面に記載するべき事項をまとめ、チェックするのがおすすめ。

確実に記入漏れを防ぐことができますよ。

設計図の種類とは?詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです↓

機械設計図面にはどんな種類がある?使い方や概要まとめ。機械設計図面には、色んな種類があり、それぞれに目的や利用用途が異なります。 本記事では機械設計図面の種類とその概要をサッと紹介して...

【地域別】設計に関するご相談なら

フリースタイルデザインズ

静岡で3DCADの設計ができる会社をお探しなら、お客さんの「欲しい」を実現してくれる「フリースタイルデザインズ」がおすすめです。

深い知識と経験をもとに試行錯誤を加えながら、最高のものを作ってくれますよ。

興味がある方はぜひ連絡してみてくださいね。

【会社情報】
・会社名 フリースタイルデザインズ
・住所 静岡県沼津市大諏訪814
・電話番号 055-919-5023
・定休日 週休2日、GW、夏季休暇、年末年始

株式会社アイエムエス

名古屋で3Dプリンタをお探しなら、「株式会社アイエムエス」をおすすめします。

光造形方式3Dプリンタのレンタルと国産レジンの販売をおこなっています。
また要望に応じて、特注レジンの作成をしてくれます。

気になった方は一度気軽に連絡してみてください。

【会社情報】
・会社名 株式会社アイエムエス
・住所  愛知県名古屋市中区松原3丁目7番15号 光葉ビル320
・電話番号 052-253-6873
・営業時間 10:00~17:00
・定休日 土・日・祝

まとめ

設計図とはどのようなものなのかをご紹介してきました。

創造をカタチに変える「機械設計」は、たくさんのステップはあれど、完成した時の達成感は何事にもかえがたいものです。

興味がある方は、ぜひ機械設計について学んでみてくださいね。

機械設計に著作権はある?気になる方にはこちらの記事がおすすめです↓

設計図の著作権について。設計図に著作権ってあるの? と疑問に思ったことはありませんか? 本記事では、そもそも著作権とは?から、機械設計に関する著作権...